19/04/12

Be動詞と一般動詞

英語の学習でつまずくのはbe動詞と一般動詞の区別なのは良く聞く話です。

単独で出てきた時にはわかっていても混在する問題に出会うと途端に混乱してしまう。

どうしたら否定文や疑問文を作るのかは理解していてもその前にBe動詞を使うのか一般動詞を使うのかがわからなければ正答は得られないわけです。

Be動詞は三兄弟なのでみんな意味は一緒。一般動詞は他人だから全部意味が違うんだ。

と説明。

それでもいざ英文になると混乱。

では、

日本語で考えてみよう!

Aは何だ

Aはどんなだ

Aはどうする

という3種類の文に分けたときに「どうする」の文が一般動詞を使うんだけど

と説明しても

その国語の文法すらあやしくて、

なんともしっくり来ていない様子。

こうなってしまうと残る手はとにかく書いて書いて書きまくって手に覚えてもらうよりなくなってしまう。

少しスパルタな気がするのですが仕方ないです。

なんとか覚えて欲しいものです。

KEY’Sイングリッシュスクール

土浦市下高津2-11-3

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP