19/08/15

自信も必要ですが

学習をするうえで自信やプライドを持つことはとても大切です。

しかしそれらが自分の実力とは異なり、「自信過剰」になってしまうこともあるのではないでしょうか?

例えば

学校のテストで自信満々で答えを書いて実はそれが間違いだったり、合格する気持ち満々だった資格試験などに失敗してしまったりということもあるでしょう。自信があればあるだけその時の落胆は大きいものです。

全ての生徒にするわけではないのですが、時々荒療治をすることがあります。

自分の本当の実力を正しく判断してもらったり、自分にどんな学習が必要なのかを知ってもらうために

その生徒が自信を持っていること(実は本人が思っているほど理解されていない内容)の問題をあえて解いてもらうのです。

私は基本的には褒めて伸ばしたいと考えていますが、時としてこの荒療治が必要な生徒がいるのです。ただ、その荒療治をするには見極めが非常に大切で自信を失い意欲低下する可能性がある生徒には行いません。現実を見ることで「これじゃまずい、何とかしなければ」と思ってくれる生徒にしか行いません。それからの学習に拍車がつくことを目的としています。

KEY’Sイングリッシュスクール

土浦市下高津2-11-3

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP