19/09/19

話していたら気づいたよ

タイトルにした言葉は先日のレッスンで生徒から出た言葉です。

生徒の悩みを聞くときには、こちらの意見や指導的な言葉は極力言わないようにしています。一種のカウンセリングの方法です。

生徒から出た言葉をオウム返しにしたり、内容を変えずにこちらの言葉で言い換えたりするのです。

例えば

「今日、お母さんに何度も勉強しろって言われてほんとにむかついたんだよ。本当に腹立った。」

「しつこく言われて腹立ったのね。」

「だってさあ、そんなに何度も言う必要ないと思わない?先生?」

ここで、こちらはそうだよね~。とは言わないのがポイント

「何度も言う必要がないと思ったわけか。」

そんなことを繰り返しているうちに生徒は自分で答えを見つけることができるものです。

 

先日もこんなやり取りをしているうちに何か気付いたんでしょうね。

「話していると気付くことってあるんだ。気づいたよ。わかった。」

すっきりした様子で帰っていきました。

ついついこちらの意見を言ってしまいがちですが、お家でもぜひ試してみてください。

KEY’Sイングリッシュスクール

土浦市下高津2-11-3

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP