お知らせ

海外の風を感じて欲しい

ペルーから生徒へのお土産としてチョコレート菓子を買ってきました。特別なブランドでも高級なものでもなく、ただの地元のお菓子です。しかし、子供たちがそのパッケージを手に取ると、一気に目を輝かせました。パッケージの色や、書かれている文字を見て、彼らの中で何かが弾ける瞬間を目の当たりにしたのです。

ニヤニヤする生徒、これは何と読むのかな?など心の中の声が聞こえてきました。

「ねえ、ペルーって何語を話すと思う?」

「英語?」

「ぺルー語?」

「韓国語?」

知っている国をとりあえず言っているのかなと思うような子どもらしい答えも聞かれました。

「スペイン語なのよ。だからここに書いてあるのはスペイン語。
ローマ字に近いから読めるかもしれないね。」

「読んでみてごらん?」

えっと~

ワクワクしながら読んでいました。

普段は見慣れない言語がパッケージに書かれているだけで、子供たちの中にはワクワク感が生まれるようです。英語圏だけではない、他の国や文化が存在することを感じ取って欲しいと常々思っていましたが、こんなに小さなお菓子一つでそれが叶うとは思ってもみませんでした。

「ありがとうって、スペイン語でなんて言うかわかるかな?」

「う~ん。わからない。」

 

「じゃあ、お菓子あげるから言ってみて」

「Gracias!っていうのよ」

私が願っているのは、子供たちが様々な言語や文化に興味を持ち、その魅力を感じ取ってくれることです。英語だけでなく、スペイン語や他の言語にも触れることで、世界は広がり、豊かなものになると信じています。私が子供の頃、外国への憧れを抱いていたように、彼らにもその気持ちを味わってほしいのです。

私自身、ペルーに行った際に感じた新しい文化や人々との出会い、その驚きや喜びを、少しでも子供たちと共有したいと思っています。お菓子一つを通じてでも、そんな体験を伝えることができるのは本当に嬉しいことです。

これからも、さまざまな国や文化を紹介し続け、子供たちが世界に対する興味を広げていけるようサポートしていきたいと思います。そんな小さな一歩から、彼らの未来がより豊かで、多様なものになることを願って。

6/3~6/8の空き時間のお知らせ

6/3~6/8の空き時間をお知らせいたします。

3日(月)20:30~22:00

4日(火)16:00~17:30 19:30~22:00

5日(水)18:00~19:00 19:30~21:30

6日(木)19:00~22:00

7日(金)18:30~21:30

8日(土)10:00~12:00 16:10~22:00

以上

フォニックスの学習を進めていく中で 

フォニックスがどんなものかわかってくると、英単語が読むのが楽しくなるものです。
ローマ字と英語は似ているようだけれど違うんだな?と気付く場面のお話をしましょう。

ねえ、Oってどんな音だと思う?

自信をもって「お」と答える生徒。

(ほら、やっぱりそう来るよね。と心の中の声)

 

ぶっぶ~。

ローマ字ではそう読むから、そう思うのは当然だよね。
わかるわかる。

 

実はね

 

正しい音を聞かせてみる。

 

その驚いた顔!

アハ体験をしたわけですね。

 

口の形も全然違うことに気づいて

なるほどと納得していく。

 

そうやって学んだことはきっと記憶に残りやすい。

そんな学び方していきたいものですよね

5/13~5/15の空き時間と16日からのお休みのお知らせ

5/13~5/15の空き時間をお知らせいたします。

13日(月)20:10~22:00

14日(火)19:30~22:00

となります。

なお、16日から29日まで海外出張のため、お休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

30日より通常レッスンとなります。
6月のレッスン予約はメール、ラインなどからお受けいたします。

GW明けはちょっと注意が必要です。声掛けのヒント

「ねえ、そろそろ学校に行く日が近づいてきたね。ゴールデンウィークは楽しかった?」

「うん、楽しかったけど…学校に行くのがちょっと不安…」

こんな会話が聞かれるご家庭もあるかもしれません。

特に進学した生徒に多いことです。

そんな時にどのような声かけをするのがいいかを考えてみたいと思います。

「わかるよ、ゴールデンウィーク明けってちょっと難しい時期だよね。」

まず、その気持ちををのまま受け止めてみましょう。がんばって学校に行ってやっと慣れてきたところでのGWは子どもたちにとってはホッとする時間。あ~、また大変な学校が始まるんだな?と気持ちが沈むのもわかります。

「どんなことがいやだったり不安なのかな?」

などと具体的に聞くのもいいかもしれませんね。

その不安や嫌なことをそのまま返します。

例えば、

「だって、勉強難しいしもっと宿題出されそうだからなあ」

に対して

「そう、勉強難しいし、もっと宿題出されそうで嫌なんだね。」

といった具合です。否定せずその気持ちを受けとめてあげてください。そのうえで何か楽しみになること、ポジティブになることなどを一緒に考えたりするのはどうでしょう。

例えば

「新しい友達との再会や楽しい授業、お気に入りの給食を思い出してみると、学校に行くのがちょっと楽しみになるかな?」

もし、このような声掛けでポジティブな気持ちになれれば

その気持ちになったことを心から褒めてあげましょう。

そして、学校へ行くのは大変だし難しいこともあるのはわかっていること、何かがあれば一緒に考えてみようと提案してみてください。大切なことは、一緒に考えていくことです。ポイントは「一緒に」です。自分が納得したことでなければできないので、相談しながら進めてくださいね。

それでも何かありましたらご相談ください。一緒に考えてまいりましょう。

5/6~5/11の空き時間のお知らせ

5/6~5/11の空き時間をお知らせいたします。

6日(月)18:40~22:00

7日(火)18:30~19:30 20:30~22:00

8日(水) 19:30~21:30

9日(木)19:00~21:30

10日(金)18:30~21:30

11日(土)10:00~11:00 16:10~22:00

以上

4/29~5/4の空き時間のお知らせ

4/29~5/4の空き時間をお知らせいたします。

 

30日(火)18:30~22:00

1日(水)17:00~18:00 19:30~21:30

2日(木)20:00~22:00

3日(金)17:30~21:30

4日(土)11:00~12:00 14:00~15:30 16:10~22:00

以上

 

子どもたちの隠れているものと私の役割

 

先日、竹の子掘りに出かけました。竹の管理のために伐採するときは、正直なところ、少々手間がかかるし、できれば避けたいと思うこともあります。しかし、美味しい竹の子が手に入るとなると、その気持ちは一変します。少し疲れても、頑張ろうという気持ちに変わります。ご褒美があると、やる気も出るものだとつくづく感じました。

その経験から、もう少し考えたことがありますので、お話ししたいと思います。

竹の子を掘ったことのある方はわかるかもしれませんが、地面を探りながら、わずかな出っ張りを見つけ、竹の子が生えている場所を見つけます。大きく育っているのは簡単に掘れることもありますが、それらはしばしば硬く、苦味があることがあります。地面からほんの少し出たものは柔らかいですが、それらを掘り出すのは大変です。(専用の道具を使えば、楽になるかもしれませんが)。

見えない深さに、美味しい竹の子がある。それは子供たちの隠れた才能や性格と似ているかもしれません。表面だけではわからない。出てくる言葉や表情だけでは、わからないことがたくさんあります。一人ひとりにじっくりと向き合うことで、素晴らしい才能や本当の気持ちに気づくことが、私にとって必要なことだと再確認しました。

小さな変化に気づき、生徒たちと関わっていきたいと思っています。

4/22~4/27の空き時間のお知らせ

22日(月)20:30~22:00

23日(火)16:00~17:30 18:30~22:00

24日(水)19:30~21:30

25日(木)19:30~21:30

26日(金)18:30~22:00

27日(土)10:00~12:00 16:10~22:00

以上

カルチャークラス(フルート)からのお知らせ

新しい気持ちでウキウキしている方も多い方も多いことでしょう。

今日は、フルートクラスのお知らせです。

音楽と語学はつながる部分も多く、リズム感は英語を話す時に必要なこともあります。

また聞き取れる周波数にも関係があるともいわれています。

子どもから大人までいつからでも始められます。
詳しくは、カルチャーコースから。

TOP